未分類

5000円以下の電動ドライバーおすすめ3選【2021年5月】DIYや家具の組み立てがガンガンはかどります!

こんばんは。

アラフォー現役ホームセンター従業員のDIYアドバイザー33です。

この記事では5000円以下のおすすめ電動ドライバー3点をご紹介します。

5000円以下の電動ドライバーの特徴

5000円以下はDIY用です。

まずこれは念頭においてください。

ちょっとしたDIYや家具の組み立てが便利になるレベルです。

長時間使用など本格的な大工仕事には耐えられません。

それでは簡単に解説していきます。

インパクトドライバーとドライバードリルの選び方

 電動ドライバーで行う作業は主に2つです。

・穴あけ作業

・ネジ締め作業

電動ドライバーは主にインパクトドライバーとドライバードリルの2種類です。

よくお客様から「穴あけできるのはどっち?」と聞かれます。

インパクトドライバーとドライバードリルはどちらも穴あけ作業・ネジ締め作業両方できます。

電動ドライバーの先端に装着するビットには、穴あけ用やネジ締め用など種類があり、それらを選んで使用することで、穴あけ・ネジ締めどちらもできます。ビットの説明をすると長くなってしまうので今回は省略します。気になる方はGoogleで「電動ドライバー 先端ビット 種類」のキーワードで検索するとわかりやすい記事がたくさん出てきます。

それではインパクトドライバーとドライバードリルは何が違うのか?

違うのは得意分野です。

それぞれの得意分野

インパクトドライバー

→ 穴あけ作業に適しています。

理由

・振動があり穴をあけやすい

・トリガーを引くほど回転が増す

・固めの材質にも穴をあけやすい

ドライバードリル

→ ネジ締め作業に適しています。

理由

・クラッチ機能で回転を一定にできる

・力加減がとても楽

・締めすぎずネジ穴を壊しにくい

コード式とバッテリー式の選び方

電動工具は基本的に価格が安くなると機能が落ちます。

パワーが弱かったり、バッテリーがすぐに無くなったり、連続使用で動かなくなったりします。

選ぶポイント

家の中でAC100Vのコンセント付近で使うならコード式にして下さい。

コード式とバッテリー式は同じ価格ならば、コード式の方が性能が良いです。

理由は、バッテリー式は付属のバッテリーとバッテリー充電器が高価格だからです。

① 組み立て家具に使う

② ネジ締め作業がメイン

③ AC100Vのコンセント付近で使う

④ 固い素材に穴をあけない

⑤ できるだけ安価で高機能のものが欲しい

上記の①~⑤に当てはまる人には、

DIYアドバイザー33

コード式のドライバードリルがおすすめです

実際にホームセンターの売場で接客をしていると、電動ドライバーを探されているお客様の大半は上記の①~⑤です。

5000円以下 コード式のドライバードリル おすすめ3選

私なら下記3機種から選びます。

リョービ (京セラ)

型番:FDD-1000

新興製作所 

型番:ACD-280A

ブラックアンドデッカー

型番:KR112

3機種ともDIYの入口にもってこいです。

最後に大事なことを1つ。

自分が「カッコイイ」と思うデザインを選んでください

使うのが毎回楽しくなります。

是非、この3機種からDIYの相棒を見つけて下さい。

自分の電動ドライバーを1台持つとDIYの世界は一気に広がりますよ!

DIYアドバイザー33

本日も読んで頂きありがとうございました。また次回お会いしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です