未分類

ホームセンター豆知識!ステイホームDIY教室33【襖(ふすま) を 超簡単解説 7】

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

今月5月は、毎日たくさんDIY記事を書いていきます。

いろいろな種類のDIYネタがありますので、自粛中の自宅での暇つぶしに読んで頂けたら幸いです。新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ記事を書いていきます。お互いに頑張りましょう!

本日のステイホームDIY教室33

【襖(ふすま) を 超簡単解説 7】

前回の記事で、ふすまを張り替える手順は、下記6手順とお伝えしました。

①ふすまを外して床に置く。外さずに張り替えは✖

②ふすま紙の四方枠をマスキングテープで養生する。

③破れがあれば補修する。

④引手を外す。

⑤ふすま紙を張る。

⑥引手をつける。

今回は、①②を超簡単解説します。

①ふすまを外して床に置く。

たまに「ふすまの外し方がわからない」とそのまま張り替えをする方がいます。(実際にお客様にいました)

やめた方が良いです。

重力でベロ~ンとなって全然張れません。

ふすま紙の四方枠をマスキングテープで養生する。

ふすまの張り替え作業がメインのため、重要視しない方が多いです。

四方枠の養生、すごく大事です。

マスキングテープでの養生を怠ると、ふすまの粘着剤が枠についてしまいます。

付着した粘着剤はすぐに除去する必要がありますが、ふすま貼りに気をとられて後回しにしてしまうことが多いです。

すると、粘着剤が枠に残ってしまい、変色や埃やゴミの付着につながり、見た目が悪くなります。

せっかく頑張って新しいふすまを貼ってキレイにしたのに、もったいないです。

必ず作業前にマスキングテープで丁寧に枠を養生しましょう。

それでは③以降は、次回にお伝えします!

次回に続きます!

お楽しみに!

Twitter

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。