未分類

ホームセンター豆知識!ステイホームDIY教室33【身体に優しいクーラーの超活用法 2】

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

今月5月は、毎日たくさんDIY記事を書いていきます。

いろいろな種類のDIYネタがありますので、自粛中の自宅での暇つぶしに読んで頂けたら幸いです。新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ記事を書いていきます。お互いに頑張りましょう!

本日のステイホームDIY教室33

【身体に優しいクーラーの超活用法 2】

そもそもなぜクーラーで体がだるくなるのか?

理由は自律神経が乱れるからです。

自律神経は自動的に体内の状態をコントロールしてくれます。

この自律神経の働きの中に体温調節があります。

身体が冷えすぎる事によって、この働きが悪くなります。

クーラーによる風邪のような状態を【クーラー病】と言います。

クーラー病の症状は、頭痛、腹痛、下痢、腰痛など様々です。

そして体の不調により食欲も失せてきます。

そのため夏場は体力不足でよけいにしんどくなります。

下手をすると、夏が過ぎてもしばらく体調不良をひきずります。

前回の記事で、扇風機やサーキュレーターを使う事をお伝えしました。

他にも原始的ですが、服装で調整することも大事です。

私はたまにフリースを着ています。

「あれ?これ何かおかしいよな??」とも思いますが、実際に体温調節は自分の服装で調節する事が一番楽です。

特に、一人暮らしではなく、誰かと同居している場合、その相手が暑がりで自分が寒がりな場合は、余計に部屋の温度調節は難しくなります。

あとは冷たい食べ物、飲み物を控えることです。

次回に続きます!

お楽しみに!

Twitter

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。