未分類

ホームセンター豆知識!ステイホームDIY教室33【カーペットの滑り止めについて  2】

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

今月5月は、毎日たくさんDIY記事を書いていきます。

いろいろな種類のDIYネタがありますので、自粛中の自宅での暇つぶしに読んで頂けたら幸いです。新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ記事を書いていきます。お互いに頑張りましょう!

本日のステイホームDIY教室33

【カーペットの滑り止めについて  2】

前回の続きです。

自宅のカーペットがよくズレてしまうので、滑り止めシートと滑り止めテープを両方購入して試してみました。

今回は滑り止めシートを使用した時のメリット、デメリット、感想を書きます。

滑り止めシート

メリット、デメリット、感想

【メリット】

広範囲がズレにくくなります。

カットはハサミで十分なので、作業が簡単で楽です。

カーペットを洗濯する時に、シートを床に残してカーペットだけ洗えるので、シートの粘着力が弱まりません。

【デメリット】

基本的に広範囲に使用するため、カーペットを一度どかすか、広くめくる必要があります。私の場合は、上にソファーを置いていたので大変でした。

粘着面が多く、陽当たりの良い部屋では粘着剤が溶けて、広範囲の床に粘着剤はついてしまう可能性があります。

【感想】

敷くだけなので非常に簡単でした。

カットもハサミで簡単です。

敷く前と敷いた後では、段違いに快適になりました。

次回は、滑り止めテープ

のメリット、デメリット、感想です。

次回に続きます!

お楽しみに!

Twitter

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。