未分類

ホームセンター豆知識!ステイホームDIY教室33【アンテナを超簡単解説 8】

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

今月5月は、毎日たくさんDIY記事を書いていきます。

いろいろな種類のDIYネタがありますので、自粛中の自宅での暇つぶしに読んで頂けたら幸いです。新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ記事を書いていきます。お互いに頑張りましょう!

本日のステイホームDIY教室33

【アンテナを超簡単解説 8】

本日は、同軸ケーブルについてです。

ホームセンターのアンテナ関連売場に行くと、同軸ケーブルが販売されています。

同軸ケーブルは、アンテナケーブルの事です。

表記として4C5Cがあります。

お客様からよく

【これは何がちがうの?どっちがいいの?】と聞かれます。

同軸ケーブルで一般的によく使用される規格は4C5Cです。

5Cの方が4Cより太いです。

4C → 外径約6mm 絶縁体4mm

5C → 外径約7.7mm 絶縁体5mm

一般的には、

室内 → 曲げやすい4Cを使用

屋外や壁面端子 までの配線 → 太い5Cを使用

4C5Cにはそれぞれ複数の品番があります。

S-5C-FBという品番を例にして説明します。

それぞれの記号が性能、仕様を表しています。

SCFB

S

BS/CS(2600Hz)対応。

表記無しは未対応。

網線直径のmm。5は5mm

C

75Ω (Dなら50Ω)

F

発砲ポリエチレン

(HF→高発泡ポリエチレン 2→ポリエチレン)

B

アルミ箔テープ付銅編組。

(V →編組一重 W →編組二重 T →編組三重)

上記をそれぞれ表しています。

次回に続きます!

お楽しみに!

Twitter

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。