未分類

ホームセンター豆知識!ステイホームDIY教室33【アンテナを超簡単解説 6】

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

今月5月は、毎日たくさんDIY記事を書いていきます。

いろいろな種類のDIYネタがありますので、自粛中の自宅での暇つぶしに読んで頂けたら幸いです。新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ記事を書いていきます。お互いに頑張りましょう!

本日のステイホームDIY教室33

【アンテナを超簡単解説 6】

前回の【アンテナを超簡単解説 5】では、電波を種類別に分ける【分波器】をお伝えしました。

本日は、【混合器】についてです。

【混合器】【分波器】は似ているところがあります。

箇条書きにしますと、

①UHF(地上デジタル放送)とBS/CS(衛星放送)のアンテナは別々です。

②そのため、UHF、CS/BSのアンテナ線は複数になります。

③このままでは室内に引き込むアンテナ線が複数になります。

④部屋が複数のアンテナ線でグチャグチャになります。

複数のアンテナ線を1本の線にまとめるために【混合器】を使います。

⑥テレビの入力端子は基本的にUHFとBS/CSの2つに分かれています。

【混合器】で1本にまとめた状態では入力端子に差せません。

⑧テレビの裏付近で【分波器】1本から2本に分けます。

⑨これでテレビの入力端子にアンテナ線を差せます。

⑨テレビでUHF(地上デジタル放送)、BS/CS(衛星放送)が見れます。

つまり、

【混合器】

複数のアンテナ線を1本にまとめてお部屋スッキリ

【分波器】

【混合器】で1本にまとめた線をテレビに差すように2つに分ける

次回に続きます!

お楽しみに!

Twitter

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。