未分類

ホームセンター豆知識!ステイホームDIY教室33【冷房節約!遮熱の窓貼りシート】

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

今月5月は、毎日たくさんDIY記事を書いていきます。

いろいろな種類のDIYネタがありますので、自粛中の自宅での暇つぶしに読んで頂けたら幸いです。新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ記事を書いていきます。お互いに頑張りましょう!

本日のステイホームDIY教室33

【効果絶大!遮熱の窓貼りシート】

 

夏場によく売れる商品に、【遮熱の窓貼りシート】があります。

簡単に説明すると、熱を遮り、部屋の中の【温度上昇】を抑えます。

室内の温度上昇を抑えることができれば、クーラーの設定温度を低くすることができます。

そのため【省エネで電気代を節約すること】ができます。

この商品の一番の長所は、【超簡単施工】です。

貼るだけです!

このようにお客様にお伝えすると、「そのまま貼るだけって、粘着剤ついているんじゃないの?夏が過ぎてはがす時にキレイにはがれるの?」とよく質問されます。

簡単にはがれて、粘着剤もつきません。

ホームセンターではインテリア売場か、真夏の季節商品の売場で販売されていることが多いです。

この商品のメリットは下記4点です。

室内の温度上昇を抑える。

紫外線をカットする。

ガラス飛散防止になる。

キズに強い。

①は省エネ効果があり、②は室内の色あせや変色の防止効果があります。

この商品は高機能の優れものですが、注意点もあります。

必ず窓の内側(部屋側)に貼ってください。

これは実際に間違えたお客様がおられました。

そして一番大事なことは貼れる窓貼れない窓があることです。

貼れない窓に貼るとヒビが入ったり、割れる場合があります。

↓上記商品の場合です。

【貼れる窓・場所】は下記3点です。

透明ガラスの平らな面

くもりガラスの平らな面

型板ガラスの平らな面

↓上記商品の場合です。

【貼れない窓・場所】は下記9点です。

網入りガラス

特殊ガラス(ペアガラス、合わせガラス)

くもりガラスのくもり面

型板ガラスの凹凸面

浴室内などの高温多湿の場所

水が直接かかる場所

80℃以上の熱がかかる場所

自動車の窓ガラス

屋外

適した場所に正しく貼れば効果は絶大です。

【省エネ】&【電気代節約】

試したことの無い方は、是非一度試してみて下さい。

Twitter

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。