未分類

ホームセンター豆知識!ステイホームDIY教室33【片開きドアを買う時の注意点 2】

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

ステイホームDIY教室33では、新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ【DIY豆知識】をお届けしています。

本日のステイホームDIY教室33

【片開きドアを買う時の注意点 2】

前回の【片開きドアを買う時の注意点 1】では、右吊元と左吊元について簡単に解説しました。

今回は、ハンドルについて解説します。

ハンドルは扉を開閉する時に手で掴む部分です。

形状には、握り玉やレバーハンドルなどがあります。

このハンドルには構造上の種類があります。

主に下記点です。

空錠

間仕切錠

表示錠

シリンダー錠

それぞれを簡単に解説すると

空錠

→ 鍵の無いもの

間仕切錠

→ ツマミの鍵付き

表示錠 

→ ツマミの鍵付き 緑や赤で鍵がかかっているかが表示される。

シリンダー錠

→ 鍵を挿し込んでまわす

ちなみに②③はツマミではなく、コインなどでまわせる溝タイプもあります。

表示錠は、主にトイレに使われます。

トイレの鍵がかかっていたら、ハンドル部分に赤いマークが出ているものを見たことがあると思います。

ハンドルのタイプによって価格が変わることもあります。

自分の必要な仕様に合わせて、選ぶ事が大事です。

次は最も大切な寸法についてです。

【片開きドアを買う時の注意点 3】に続きます!

Twitter

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。