未分類

【DIY豆知識 509】塗料の塗り方 屋内・屋外ともに晴れの日がGOOD!理由をわかりやすく解説!!

【DIY豆知識 509】

塗料の塗り方 

屋内・屋外ともに晴れの日がGOOD!

理由をわかりやすく解説!!

塗料を塗る時は、屋内作業・屋外作業どちらでも晴れの日が望ましいです。

水性塗料は、水で薄めて塗る塗料です。
そのため雨に濡れると薄まったり、流れたりします。

油性塗料でも塗膜形成前に雨に濡れると塗膜に影響します。

ただこれらは、塗膜形成前の注意点になりますので、塗膜が形成された後なら雨に濡れても問題ありません。

塗膜形成にかかる時間は、季節や温度によります。

どの程度の時間が必要かは、各塗料の商品パッケージに書かれていますので、是非作業前に確認してみて下さい。

「屋内作業なら別に雨の日でも良いでしょ?」

「雨が当たらないから雨の日でも良いでしょ?」

「暖房で部屋の温度を高くしたら良いでしょ?」

たしかに直接雨が当たらないので、作業はできます。

ただ、雨の日は湿気が多く、屋内であっても空気中に水分が多いです。

仕上がりにムラが出たり、乾くのに時間がかかります。

暖房を使った場合は、どうしても暖房の風向きのパターンで、よく風が当たる部分だけ色が変わったりします。

そのため屋内作業・屋外作業どちらでも晴れの日に作業されることをおすすめします。

Twitter 

現在のフォロワー数:2340

過去のDIY豆知識をスクロールして流し読み!

twitter.com

読んで頂きありがとうございました!

また次回お会いしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。