未分類

【DIY豆知識 338】『壁紙』について 13

f:id:DIY33:20190410063852p:plain

事前にやり方を確認して覚えておく事は必須です。

なぜなら調べながら貼っていたら裏面のノリが乾いてしまうからです。

また調べながら、壁紙を長時間持ち上げていたら、重みで破れます。

多分、自宅の壁紙貼りかえならピッタリぐらいの材料しか用意していないと思いますので、もう一度お店に買いに行くハメになります。

壁紙は並べて貼る場合は、横の壁紙と少し重ねて貼り、重なっている所をカッターナイフで切り、最後にローラーでならして繫ぎ目を目立たなくします。

そのため間違えて横とピッタリ合うように施工してしまうと繫ぎ目もわかりますし、乾いて壁紙の大きさが変った時に隙間ができます。

これらのやり方の知識も事前に確認しておかないとノリが乾いてからではやり直しができません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。